模索する俺たち

好きなことを何でも書くブログです。

Chromeリモートデスクトップのブラウザ版が便利な件

遠隔地のPCの操作に

Windowsには「リモートデスクトップ」というのがありまして、あるPCでほかのPCの画面を開いて操作できるという機能があります。

私は普段はSurface Goを家の中で使っていて、持ち運びに便利なので大変気に入っています。

prinkuma.hateblo.jp

 

で、この他により高性能かつディスクも大きなデスクトップPCがあって、Surface GOにはあまりデータを保存しないようにしているのと、動画編集などの重い処理をするときにはデスクトップPCのほうが早いっていうのがあるので、デスクトップPCを使いたいときがあります。

でもデスクトップPCは好きな場所に持ち運びできるわけではない。

そんなときにはリモートデスクトップ機能を使いたいのです。

 

…が、Windows10のリモートデスクトップは、Windows10のPro版でないと使えないのです。

うちのはHome版なのです。

そこで無料で使えるのはChrome リモート デスクトップでして大変すばらしいのでご紹介です。

Chromeリモートデスクトップ

どこにあるかというとここにあります。

https://remotedesktop.google.com/access/

Chromeってことで、Googleアカウントが必要ですね。

操作される側のPCには事前準備としてソフトのインストールが必要になるので画面に従ってやります。

で、準備完了すれば使えるようになるんですけど、まずWindowsのリモートデスクトップとの大きな違いとして……

  • 操作されている側のPCから、どのように操作されているのかが見える。(Windowsだとロック画面みたいなのになって見えない)

というのはあります。

操作される側のPCの近くに人がいると動きは丸見えになるので、見られたくないときはデスクトップPCならディスプレイの電源を切るとか、取り外すかするとよいと思います。

使うとどうなのか

で、実際に使うとどんな感じなのかというところですけど、私のPCのデスクトップをお見せするのはお恥ずかしいこと山のごとしなので文字だけで失礼します。

私の場合、デスクトップPCの電源をまずポチッと押したらあとはSurfaceからアクセスします。

すると、Windowsのログイン画面が見えるのであとはログインから普通に使えるという感じです。

音もちゃんと聞こえてきます。

なお、デスクトップPCの方の解像度がでかい(デスクトップが広い)のですけど、全体を縮小して表示するようにしているので、ちょっと文字が小さい状態で使っています。

 

ちなみに、これまでは、操作する側のPCに「Chrome リモートデスクトップ」アプリのインストールが必要だったんですけど……、

f:id:prinkuma:20190502113158j:plain

最近はブラウザから直接操作できるようになりました。(ベータ版ですけど)

f:id:prinkuma:20190502113203j:plain

これがまた便利です。

ブラウザがあればどこからでもPCの操作ができます。

 

私の場合(家の中に操作されるPC、操作するPCどちらもある状態)では、実はもともとのアプリだと音が途切れ途切れになることがあったんですけど、ブラウザ版になったらそういうこともなくて快適になりました。

すばらしい。

 

なお、Androidアプリもあって、これを使うとスマホからもPC操作ができます。

もちろん画面は小さいですけど。

音について

もういっこ音についての補足ですけど、私のデスクトップPCは内蔵スピーカーがないのでスピーカーを接続しないと音が聞こえません。

で、スピーカーなしの状態だとChromeリモートデスクトップでも音を聞くことができないので、とりあえずデスクトップPCに適当なイヤホンをつないでいます。

これでOK。

まとめ

そんなわけで無料で便利なリモートデスクトップの話でした。

おわり。 

マイクロソフト Surface Go(4GB/64GB) シルバー MHN-00014

マイクロソフト Surface Go(4GB/64GB) シルバー MHN-00014

 

 

模索する俺たち
プライバシーポリシー / Amazon.co.jpアソシエイト