模索する俺たち

好きなことを何でも書くブログです。

トップバリュのクリスピーポテトが想像をはるかに超えるスパイシーさだった件

普段の食卓になるはずだった

少し前に、「おっ、これいいな」と思ってカロリーなどを気にしつつもポテトの誘惑に負けてトップバリュの「クリスピーポテト」スパイシーガーリック味というポテトを買ったのです。

これは冷凍されている商品で、家に帰ってきて冷凍庫に入れた後しばらく存在を忘れてたんですけど、冷凍庫を開けてたら見えて「おっ、これいいな」と思ったので食べてみた次第です。

 

その日は何の変哲も普通の食卓になるはずだったんですけど、「すげぇ辛い!」と驚きましてここに書いておかねばならないと思った次第です。

これです

こういうやつです。

f:id:prinkuma:20180624143516j:plain

半量調理した後の状態なので、もともとはもうちょい袋が膨らんでいます。

 

で、これの調理については残念ながら電子レンジだけでやる、っていうのが選択肢に無いようです。

袋によると

  • 油で揚げる
  • フライパンで揚げる
  • オーブントースターで加熱する

の3つのいずれかで調理すべきものであるとのこと。

f:id:prinkuma:20180624143520j:plain

で、ちょっと揚げるとなると準備が大変、というか家で揚げ物したことないし、かといってオーブントースター(の代わりのガスコンロの魚焼きグリル)にポテトを重ならないように並べて加熱するというのもちょっと面倒だなと思いまして、フライパンで熱することにした次第です。

油使うとまたカロリー気になるし。

 

というわけで、ポテトから油がしみ出してきそうな雰囲気があったので、油無しでも大丈夫でしょ、つってフライパンで炒めるイメージで加熱したら見事にフライパンにへばりつき始めたので慌てて近くにあったオリーブオイルを投入してみて炒める感じになって調理終了。

袋半分くらいを使って、残りは再び冷凍庫に入れてまた今度。

f:id:prinkuma:20180624143524j:plain

掟を破って調理したので袋に書いてあるような「カリカリ」にはならなかった。

けど、おいしそうな感じではあります。

で、食べたら辛い

まあこういう色ならこういう味でしょう…と思って食べてみたらすごい辛くてビビる。

スパイシーすぎる。

私は辛いのはある程度好きで、許容できるはずなんですけどこれはマジで辛い。

で、「辛すぎて味がよくわからないけどたぶんうまい」みたいな感じでして、思わず袋を見ると「原産国名:アメリカ」とか書いてあって、これがアメリカの味なんだろうか……とトランプ大統領に思いを馳せた次第です。

まとめ

というわけで、辛いもの好きな人にはハマるかもしれないので機会あればどうぞ、という話でした。

とりあえずもう1袋買って今度は正しい調理法で食べてみたいと思いました。

おわり。

ニチレイ)メガクランチ 1kg

ニチレイ)メガクランチ 1kg

 

 

模索する俺たち
プライバシーポリシー / Amazon.co.jpアソシエイト