模索する俺たち

好きなことを何でも書くブログです。

引っ越し3:物件探しをした件(その2)

前回からの続きです

prinkuma.hateblo.jp

f:id:prinkuma:20190627004949p:plain

3.物件の下見(内見)をさせてもらう

というわけで、2つの不動産屋さんに計4件の物件をみせてもらうことにしました。

まず、A不動産屋さんに13:00から1件、続いてB不動産屋さんに13:30から3件、といった形でお願いしました。

1件目と2件目は徒歩圏内だったので30分あればよさそうだったし、実際A不動産屋さんにはこの後13:30から別の不動産屋さんの物件も見るんです、と正直に話をしておいたところ、じゃあそれに間に合うくらいでご案内しますね、とのこと。

ちなみに電話でちょっと怖く感じていたB不動産屋さんにも、とりあえず別の不動産屋さんの物件の確認が終わり次第13:30までには行きますと言っておきました。

これには、他社でも見るということをお伝えしておいた方が優しく(?)してもらえるんじゃないかという下心がありましたけど、たぶん実際にそうしたほうが掘り出し物件に出会えたりすることもありそうなので次回もそうしていきたいと思っています。(今回は特にメリットなかったですけど)

というわけで、引っ越し先となる見知らぬ土地に移動してきて、現地集合をお願いした1件目に到着したのでありました。

1件目

1件目はA不動産屋さんからのご紹介。

事前の資料によるとかなりよさそうな物件なんだけど家賃が高い。しかし、不動産屋さんが大家さんと交渉して家賃を下げてもらえるという物件でした。(しかし、実はまだちょっと高く感じる)

不動産屋さんが苦手な私ですけど、担当の方はなかなか柔らかい感じの方で良かったです。

いい感じに部屋まで到着して、お邪魔しま~す。

 

 …?部屋の中、においませんか……?

 

不動産屋さんも「これは電気止めているからですね」とすかさずフォローを入れてくるような感じだったのですけど、過去の引っ越しでもここまで香りのする部屋はなかったような。これは電気ついて換気扇回したところで怪しい。

そんなにおい問題を気にしながらいろいろ見てみると、そのイメージで考えが傾いてしまったのかよろしくないところばかり目(鼻)についてきたりしました。トイレ開けてみたら強烈だったし。

あと理由はわかりませんけど何か暗い雰囲気の部屋でした。

というわけで、一通り見終わって「では、こちらに決めるときはご連絡します」ということで下見終了。

現地行かないと匂いとか雰囲気とかはわからないものなぁ……と思ったのでした。

2件目

続いて2件目はB不動産屋さんで、こちらも初対面です。

で、電話しているとき怖いと思ったけど、会ってみたらすごく柔らかいしトークが面白い人で拍子抜けしました。なんというかハートフルでソウルフルでした。

部屋も、人も、会ってみないとわからんのですね。

部屋は激安なんですけど、思っていたよりボロかったところもあり保留。しかしながら1軒目と比較するとトータルでのコストパフォーマンスは良かったので、この時点で1件目は除外しました。A不動産屋さんはここまでです。親切に案内してくれたので大変心が痛みますが……。

こういうところもあるので、いろんな人とやりとりしないといけない引っ越しってのは辛かったりするんですよね。

3件目

続いて同じくB不動産屋さんで、先ほどよりは1万円ほど高いんですけどグレードもちょっと上がる物件です。

これがまた迷いどころでして、下見前は家賃が高く感じていて2件目の方が有力な候補だったんですけど、2件目は少しボロめだったんですよね。

すると3件目の方がいいかも…と悩んだりしました。

4件目

4件目もB不動産屋さんで、家賃は3軒目よりわずかに高め。なんですけど、面積が異常広いメゾネットタイプ(2階建て)という物件でした。小さな庭まで付いてくる。

で、これがまた広さが魅力的だなと思って行ってみましたら思っていた以上に広くて、これ、もう「部屋じゃなくて家じゃん!!しかも身長2mくらいの人が住みやすそうなくらいい部屋も収納もあらゆる空間も広い!!」と大変驚いた次第です。

というわけで、広すぎて軽くドン引きするくらいでした。コスパで考えると間違いなく最強の物件でした。

あと、行ってみて家の前の道が異常に狭いことがわかったりもしました。

4.決断の時間(とき)

以上のように下見をいろいろさせてもらったわけですけど、一つに絞らねばなりません。

B不動産屋さんには、今日は何時まで営業しているのかを確認の上、いったんお別れしました。遠路はるばる物件を探しに来ている感じなので、どうしても今日中に決定しなければなりません。

というわけで、物件の周辺を歩いたり、近くのスーパーに入って雰囲気を偵察したりしながら検討です。

 

……で、これがまた現地で物件を見ればすぐに決定できるだろうなと思って来たのですけど、物件を見てみたところ思っていたのと違ったことが多くて、かなり迷い始めてしまいました。

激安の2件目、ちょっと高いが普通っぽい3件目、家賃高めだが異様に広くてコストパフォーマンス最高の4件目。

これらが頭の中でぐーるぐる。

どれも捨てがたい……。

 

で、30分もあれば決まるかなと考えてきたものの、まず1時間くらい悩んだところで、家賃安いがボロめの2件目が脱落した後、最終的に3時間ほど悩んだところで4件目は広すぎて生活がしづらい、ということで3件目にしました。

いやー、あの4件目、もう徒歩1分くらいで巨大スーパーの駐車場まで着くし、室内の広さに対する家賃のコストパフォーマンスがすごかったのでかなりお買い得な感じだったんですけどね……。とはいえ、自分の身の丈に合わない物件ではありました。冷静になって考えるとあの家で暮らしても余してしまって部屋の隅で暮らすことになるでしょう。

そんな感じで、不動産屋さんの閉店時間も迫ってきたころにギリギリで飛び込んで契約を決めたのでありました。

まとめ

というわけで、ブログ始める前も含めて何度目かの引っ越しでしたけど、それでもやはり物件探しは相当悩みますね。

そして今回思ったことは以下の3点です。

  • やはり物件を見に行かないとわからないことが多い。(におい、部屋の広さ、周囲の環境(道路事情)など)
  • 不動産屋さんも会ってみないとわからない。
  • コスパがいいからと言って飛びつかず、冷静に自分の生活に合うのか考えるべき。

次はもっとサクッと決められるようになればと思いました。

おわり。

モノポリーNEW

モノポリーNEW

 

 

模索する俺たち
プライバシーポリシー / Amazon.co.jpアソシエイト