模索する俺たち

好きなことを何でも書くブログです。

スーパーに175°DENO担担麺シビレ担担麺があったので買ってみたらかなり辛かった件

私と担々麺

「私と○○」と書くとなにやらステキなコラムが始まりそうですけど、それはさておき私は担々麺は好きですよ。

お店で担々麺を頼むと、割とお店によって特徴が違うものが出てくることが多いような気がするんですけど、そういったところの面白みもあります。

ゴマの有/無や、かなり辛い/明らかに辛くないなど、個性が強い。

私は個人的にはゴマを使っていて、普通に辛いくらいのが好きです。

175°DENO担担麺

ただ、どのラーメン屋さんがおいしい、とかいうのは詳しくないし、なんだかんだで外食をそんなにするわけでもないので、スーパーで「175°DENO担担麺」と書かれたパッケージを見た時にはなんだこれ、と思いましたけどこれはお店の名前なんですね。

このお店の「シビレ担々麺」2人前というのが売られていました。

残念ながら、賞味期限が近くて割引されているコーナーに置いてあったんですけど、私としては願ったりかなったりで購入してみたのであります。

情報が少なすぎる

で、帰ってから買ってきた商品についてネットで調べてみるとどうもあまり見つからないんです。

お店の情報はたくさんありますけど、私が買った生めんタイプの家で作れる担々麺についてはあまり出てこない。

とりあえず公式サイトは見つけましたけど、公式サイトにあるリンクから通販のサイト行っても見つけられなかったのです。なぜだ。

www.kikusui-ltd.co.jp

それはさておき食す

とりあえず、情報がどうのこうのっていうのはどうでもよくて、今お腹がすいているということと目の前に担々麺があるというのが最重要事項ですので作って食べましょう。

手順はすっ飛ばしますが、とりあえず普通に出来上がりました。

f:id:prinkuma:20190604000655j:plain

で、後入れの調味料が2つついてきていますけど、ラー油的なやつと山椒的なやつ……

と思ってましたけど漢字変換してみたら「山椒(さんしょう)」じゃないですね。

「花椒(ホアジャオ)」っていうんですね。

f:id:prinkuma:20190604000700j:plain

中国の四川風~っていうと、ラー油的な辛さと、山椒のしびれ感が特徴的、と覚えていたんですけど、山椒じゃなくて花椒だったのか。

一つ覚えた。

prinkuma.hateblo.jp

これらの調味料は好きな量だけ調節して入れられる感じですけど、とりあえず全部入れちゃおう。

実食

強い。

辛さとしびれ感が強い。

なんというか本格的な感じがしましてかなりびっくりした次第です。うまい。

 

ただ一つだけ言えることは、ひき肉的なやつとか、ナッツ的なやつとか、ゴマ的なやつとかでトッピングするとうまさがさらに飛躍的に拡大するものと思われます。

ちょっと甘めの、ひき肉炒めたやつがほしいです。

(といいながら今回の2食はそのままトッピングなしで食べてしまいました)

まとめ

というわけで、スーパーなどで見かけたらまた買いたいんですけど、どうも見かけないなぁ。

ネットでも見つけられない。

だんだん暑くなってくるこの季節にピッタリな担々麺だと思いますけど、淡々と探すしかなさそうです。

おわり。

GABAN グルメミル 四川赤山椒(花椒)入り ミル 13g

GABAN グルメミル 四川赤山椒(花椒)入り ミル 13g

 

 

模索する俺たち
プライバシーポリシー / Amazon.co.jpアソシエイト