模索する俺たち

好きなことを何でも書くブログです。

ロト6を毎回1口ずつ約48か月(2年)買い続けた結果

久しぶりにまとめてみよう

さて、以前も書きましたけど、私は大金が欲しいのでロト6を毎回1口ずつ買っているのです。 

prinkuma.hateblo.jp

高望みはしない。

本当にたった1回。

1回だけでいいから1等当たってほしいのです。2回も3回もはいらないんです。わずか1回だけで十分なんです。

当たりのメールがくる

で、私は楽天銀行でクイックピック(ランダム)で毎回1口(週に2回、200円ずつ)を買う設定にしてます。

 

それで普段はくじのことをあまり考えず、人生がつらくなったときに「もうすぐ4億円もらえるかもしれないからもうちょっとだけがんばろう」と思い出しながら生きるのです。

 

すると、突然こういうメールがくるんですね。

これはつい最近。3月入ってからのことです。

f:id:prinkuma:20190305212731j:plain

「宝くじ当せん金の入金がありました」というタイトルのメールです。

 

このメールがくるというのは、カイジの沼でいうところのクルーンの1段目というところ。 

賭博破戒録 カイジ 9

賭博破戒録 カイジ 9

 

まだ何等が当たったのかはわからない。

 

 

つづいてクルーン2段目となるのは、この回に1等が出ているのかどうか……!

 

ロト6は1等が出ないときだってあるのです。

というわけで、くじ結果を見に行くと、

f:id:prinkuma:20190305212735j:plain

今回はある……!2口ある……!

その金額は1億円……!

 

 

ここまでくると、最後のクルーン3段目。

果たして1等なのか。

今回の当選口数を見ると、その確率は約19万分の2。

ざっくり約分すると10万分の1であります。

 

(10万分の1なんて無理じゃん……)という言葉をとにかく頭から振り切って、現実逃避して、楽天銀行にログイン。

そして当選金額を確認する……!

 

 

 

 

f:id:prinkuma:20190305212738j:plain

 

ですよねー。

2年でこうなる

そんな感じで2年買い続けた結果をグラフにするとこのようになっております。

f:id:prinkuma:20190305212742j:plain

1年目は小当たりが続いておりましたが、2年目はほとんど直滑降でございます。

だいたいロト6を300回分になっております。

マイナス4万円弱でございます。

まとめ

宝くじってのはそんなもんです。

おわり。

 

模索する俺たち
プライバシーポリシー / Amazon.co.jpアソシエイト