模索する俺たち

好きなことを何でも書くブログです。

1年目のバジルに花が咲いた

久々のバジルの話題

すっかりご無沙汰なんですけど、家で(室内で)バジルを育て始めて1年になりました。

っていうか1年持つと思っていなかったです。

ところで、今日のタイトル「1年目のバジルに花が咲いた」って小説のタイトルっぽくないですか?

これまでのバジルの件

そんなバジルですけど、これまでちょくちょく書いていましたね。 

まずは「ペロポン」が始まり。

 

それがちょっと伸び始めて、

鉢に植え替えつつ、なぜか多肉植物が増え、

夏になってやたら伸びて、

水やりを失敗したりしました。

  ここで生まれた疑問

ここまでぐいぐい伸びてきたバジルですけど、なんか茎の方が茶色くなってきて、なんというか枯れる手前の様相を呈してきた今日この頃。

はて?

枯れたら終わり?

越冬までは無理?種とかできないんだっけ?

本当は花が咲いて種ができる

で、ググりましたら、バジルには白い花が咲いて、花が枯れたころに花の近くに種ができるとのこと。

花は夏~秋くらいまでには咲いているらしい。

なるほどなるほど。

特に肥料(リン酸)が不足していると花が咲かないらしい。

なるほどなるほど。

 

……それだ。

急いで栄養を与える

というわけで、考えてみれば肥料を与えるということをしていなかったので慌てて肥料を投入。

枯れるのが早いか、実を結ぶのが早いか……。

f:id:prinkuma:20171125154004j:plain

1か月後そこには元気に花をつけたバジルの姿が……!

で、あまりにも縦長に育ったのでどこかで倒れちゃうんじゃないかと思っていたんですけど、意外にも肥料投入開始から1か月も持ちまして、ある日白い花がついていました。

f:id:prinkuma:20171125154008j:plain

よくやった。

まとめ

そんなわけで、種ができるのはこれからですけど、今回分かったのは次世代のこととかを考えるなら先を見越して調べておくことが大事だというところですね。

こんなに大きくなるまで育つと思っていなくて肥料のこととか考えてなかったものなぁ。

ではまた、種ができるころに。

おわり。

 

模索する俺たち
プライバシーポリシー / Amazon.co.jpアソシエイト