模索する俺たち

日々の生活をいい感じにしたいだの、楽にしたいだの、お得にしたいだの、そんなことを考えています。

超音波式の加湿器を部屋に置いてみた件

やたらと乾くので

冬っていうことで、よーく乾燥していますね。

で、インフルエンザも流行しだしたということもあって、感染を予防したいので加湿することにしました。

何を使うかというと加湿器を使います。

加湿器の種類いろいろ

加湿器って探してみるといくつか種類がありますね。

だいたい、

  • お湯を沸かして湯気を出す「スチーム式(加熱式)」
  • 水をそのまま細かくして出す「超音波式」

が二大勢力ではないかと思います。

前にスチーム式使った時のこと

私は以前はスチーム式の方を使ったことがあります。

理由としては、超音波式だとタンクの中とかにカビなどの汚れが発生しているときにそれごと飛んでくるぞ、っていうのを聞いて、きれいな湯気しか出てこないスチーム式を選択したのでした。

 

で、加湿の性能とかには問題なかったんですけど、長期間使っていたらタンクとか機械の中の方に、湯気になれなかったミネラル?カルキ?が白い石のようになってこびりついちゃいまして取れなくなりました。

クエン酸でとれるっていうのも見て試したんですけど、時すでに遅しでまったくとれず。

ちょくちょくメンテしていればよかったのかなと思います。

暮らしのクエン酸 330g

暮らしのクエン酸 330g

 

今度は超音波式にしてみよう

そんな私と加湿器の歴史(浅い)ですけど、今度は超音波式にしてみようと思いました。

デメリットとして汚れなどがあればそのまま飛んでくるって話がありますけど、それはよく考えたら綺麗に使っていれば大丈夫なんじゃないかなと思いまして。

あと、万が一倒したりぶつかったりしても熱湯になっているわけでないし、さらに超音波式の方がスチーム式よりちょっと安い傾向があるように見えるので。

これにしました

例によって、お値段を主眼に置いて加湿器を選びました。

決めたのはこれ。

なぜか加湿器にありがちなしずく型です。

決め手はお値段、タンク容量、音の大きさ。

タンク容量については、商品説明が1.1Lになっていますけど、実際にはバージョンアップしたとかで1.3Lになったのが来ました。

音の大きさについてはレビューを参考に決定。

開封の儀

というわけで到着です。

箱はシンプル。

f:id:prinkuma:20171201205200j:plain

で、さっそく置いてみました。

f:id:prinkuma:20171201205204j:plain

構造としては、3つが重なっている(カポッとハマる)ようになっていて、一番下の本倍部分、中央半透明のタンク部分、上の噴射口に分かれます。

水を入れるとタンクが半透明なので容量が見えます。

 

電源を入れるとタンク部分がぼんやりと青く光る仕様。

LED ON/OFFボタンで消灯可能。

f:id:prinkuma:20171201205209j:plain

 

サイズ的にはシルベーヌに近いものがあります。

f:id:prinkuma:20171201205213j:plain

シルベーヌってマジでうまいですよね!!!! 

ブルボン シルベーヌ 6個×5箱

ブルボン シルベーヌ 6個×5箱

 

 

Maxパワーにしてみると結構出ます。

f:id:prinkuma:20171201205222j:plain

商品タイトルに「110ml/h」ってありましたけど、Maxだともうちょい出ているような気がします。

タンクを満タンにして朝からつけていると、寝るまでにはもう1回給水すればだいたい十分という感じのペース。

 

水がなくなると、電源ランプが赤くなって止まります。

給水はタンクの底にある逆止弁付きの給水口から行うわけですけど、そのためにタンクを本体から外そうとすると、タンクの上(噴射口付近)とタンクの下(本体と接している部分)に結構水がついているので、どうしても周囲にちょっと水滴が落ちちゃうのが気になるポイント。

さらに、気付いたら加湿器の前に謎の水滴が落ちてたということもあったので、これらの対策としてタオルを敷いた上に加湿器を置いて使っています。

もしくはお盆、トレイ的なものを使ってもよいかもしれない。

 

あとはタンク内に何かしらの困るものが繁殖するのを避けるために、説明書にも書いてありましたけど給水するときにはいったんタンクの中に残った水を捨てて、さらにちょっとゆすいでから給水、という手順を踏むことにしました。

ちゃんとやってればしばらく大丈夫でしょう。

 

動作音は、いかにも加湿器っていうジーッっていう小さな音と、チャプチャプもしくはコポコポという感じの音が聞こえますけど、気になるレベルじゃなかったので良かったです。

まとめ

そんなわけで、構造上、給水時にちょっと水をこぼさない技術が必要になるということ以外はいい感じの加湿器でした。

ちなみに、加湿器はほかにもいろいろあって迷いました。

木目調のやつなど面白いと思いましたけど、タンク容量が小さいかなと思って今回は見送り。

後は、高級なスチーム式もありましたけど、私の生活レベルを超えているので見送り。

象印 加湿器 スチーム式 加湿量480mL/h ベージュ EE-RL50-CA

象印 加湿器 スチーム式 加湿量480mL/h ベージュ EE-RL50-CA

 

というわけで、冬のインフル対策、美肌対策などに有効であろう加湿器の話題でした。 

おわり。

追記

つづきがあります。

prinkuma.hateblo.jp

 

 

模索する俺たち
プライバシーポリシー / Amazon.co.jpアソシエイト