模索する俺たち

日々の生活をいい感じにしたいだの、楽にしたいだの、お得にしたいだの、そんなことを考えています。

ロト6を毎回1口ずつ約22か月買い続けた結果

年末ですね

マジ光陰矢の如しでして、今年ももう終わりかけです。風前の灯火です。

で、人はみなもうすぐやってくる時期のことを「年末」と呼ぶんです。

年末っていったら年末ジャンボですよね!!

2017年の年末ジャンボは11月27日から発売らしいですよ!!!

 

って、無理やりテンション上げて言う私は年末ジャンボなどは基本的に買わないんですけど、それでももちろん億単位のお金は常にほしいわけで、一縷の望みをかけて実は毎回「ロト6」を買っています。

……これちょっと言うのなんか恥ずかしくて今まで書いてなかったんですけど、年末の勢いで書きます。

ロト6とは

で、ロト6についてですけど、毎週月曜と木曜に抽選している宝くじで、1口200円。

43個の数字から6個好きに選んで購入。

1等は約600万分の1の確率で約2億円。(誰も当たらない回が続けばキャリーオーバーしてMAX6億円。)

そんな宝くじです。

どのように買っていたのか

私の購入パターンは、その月曜と木曜、つまり週2回について各1口ずつ、数字はランダムで決めてもらえるクイックピック(QP)で購入しています。

なぜクイックピックかというと、決めた数字を毎回買った場合、買うのやめたり万が一買い逃しがあったりしたときに限ってその数字が1等に当たるという可能性があります。約600万分の1の確率で。

するとどうなるか。その時の精神へのダメージは生命の危機を引き起こす危険性すらある。

なので、クイックピックにして数字は見ないという感じです。

なぜ買うのか

で、基本あらゆる出費を抑えたい私が期待値が完全にマイナスまっしぐらの宝くじに手を出すのはなぜか、という話ですけど、これはもう夢を見たいというただそれだけです。

週400円で、日々を生きる気力をわずかながらドーピングしているようなそんなところがあります。

「もしかしたら次回当たるかもしれないじゃん?」っていう感じです。普段忘れてますけど。

買い続けた結果

そんな感じですけど、気が付けば22か月買い続けていました。

ちょっとこの辺ではっきり振り返っておかないともしかしたらとんでもない損失が生まれているかもしれないと思い、振り返ってみることにしました。

ドーピングにはリスクがたくさんありますもんね。

というわけで、洗い出してみたのが以下の通りです。

  • 購入期間:約22か月、186回
  • 1回あたり1口をクイックピック
  • 当選回数 14回(7.5%)
    うち5等12回(平均1,000円)、4等2回(平均5,300円)
  • 購入金額合計:37,200円
  • 当選金合計 :22,600円
  • 差し引き収支:-14,600円

 

あー、思ったよりは減ってなかったです。

約2年でこれだったら、まぁ……、いや、どうしよう、1万5千円あったらうれしいけど……、でもこれで2年楽しめたらいいのかな。

 

ちなみに、グラフにしてみました。

青線が収支の推移です。

オレンジの線は、毎回の増減。たいだいマイナス200円の下向きの線ですけど、上にときどき飛び出しているのが当たったときです。

f:id:prinkuma:20171120000155j:plain

最初の半年が完全な暗黒時代でしたね。よく続けたもんだ。

まとめ

というわけで、こんな感じです。うーん、もうちょい様子みよう。6億ほしいので。

ところでどうでもいいですけど、今日のタイトルの後ろにちょっと付け足して「ロト6を毎回1口ずつ約22か月買い続けた結果wwwww」にしたらなんかそういうまとめサイト普通にありそうですね。

おわり。

POKAH 電動ロトマシーン

POKAH 電動ロトマシーン

 

 

模索する俺たち
プライバシーポリシー / Amazon.co.jpアソシエイト