模索する俺たち

好きなことを何でも書くブログです。

机に向かったら暗かったので安いLEDデスクライトを買いました

久しぶりに勉強しようとしたら暗かった

家では基本的にネットやらなにやらして遊んでいる私ですけど、それでも年に1度か2度は試験とかを受けたりするためにまじめに本を開いて勉強することだってあります。

で、そのタイミングが現在の家に引っ越してきて約1年弱でやっと回ってきたわけですけど、壁際に置いた机で勉強しようとしたら部屋の照明の明かりが自分で遮られて影ができちゃうもんで本など読みづらいということが発覚した次第です。

その机では普段PC使ったりしているもんで気付かなかったんですけど、ちょっとこれはやってられんのでデスクライト的なものを購入することにしました。

もちろん安いやつで!

で、購入するにあたってはいつものように基本的に安さ優先探索モードで行きます。

性能的にはとりあえず普通に明るいなら多少変なやつでもいいかな、ということでポイントはお値段というわけです。

今時ならLEDのライトが主流なんじゃない?と思って探していって注文しました。

届きました

f:id:prinkuma:20171008104858j:plain

というわけで、早速見てみましょう。

PCとかスマホとか情報系みたいな機械が好きな私ですけど、こういう家電的なものももちろんわくわくします。

で、このブログもそもそもそういうのを話し合える友達がいないから始めたものであるわけで、今日も思う存分(一方的に)書かせていただきますので何卒よろしくお願い申し上げます。

安い商品なので

1,400円ほどというお値段に比例してそれなりのクオリティであろうことを予想しつつ、その辺も含めて楽しんでいきたいわけです。

とりあえず外箱には日本語などはもちろんないですね。

中身を取り出すとこのような形。

f:id:prinkuma:20171008104903j:plain

ライト部分が開くんですけど、これはまだ閉じた状態。

パッケージ通りの品です。

 

で、ちょっと不安定な形に見えたので心配していたんですけど、別に倒れる心配は全くなさそうです。しっかりと安定します。

f:id:prinkuma:20171008104908j:plain

 

ライト部分を開いてみてみると、この黄色いところが光る模様。

f:id:prinkuma:20171008104913j:plain

 

電源スイッチに触れたら突然光をくらいました。

f:id:prinkuma:20171008104916j:plain

バッテリーも内蔵しているんですけど、あらかじめ電気が入っていました。

なお、電源スイッチはタッチ式です。

物理スイッチと違ってフラットな感じでいいですね。

タッチするたびに、OFF→1段階→2段階→3段階(まぶしい)→再びOFFというように3段階の明るさが選べます。いいですね。

 

さて、電源のほうですけど、私の個体にはここにお値段相応のアラが見えてまして、外側の白い部分の穴から見える、電源の黒い接続コネクタの位置が少々ずれている模様。

f:id:prinkuma:20171008104920j:plain

 

ここに付属のケーブル(反対側はUSB)を差します。

f:id:prinkuma:20171008104923j:plain

ちょっと穴より横に差さっている感じになりました。

あと、本体が穴の周りはカーブしている部分なので、そりゃあ差し込みも半端になります。

この辺設計ミスったんじゃないかと思いますけど、まあ、裏はそんな見ないのでいいか、というところ。

 

なお、電源に接続して内蔵バッテリーが充電されているときは赤いランプがつきます。

f:id:prinkuma:20171008104929j:plain

このランプはうれしいですね。

フル充電されると消灯しました。

私は電源につないだまま使うつもりですけど、寝室に場所を移してちょっとだけ使うときとか、あとは停電時とかには内蔵バッテリーがあるとそれはそれで使えそうです。

 

あと、箱にはいろいろスペックが書いてますけど、とにかく電源を入れると光る、ということは間違いない。

f:id:prinkuma:20171008104933j:plain

 

あと、一応マニュアルは日本語のやつが入っていました。

f:id:prinkuma:20171008104936j:plain

だいたいこういうやつのマニュアルは日本語が怪しいんですけど(人のことを言える立場ではない)、このマニュアルについてはわりといい感じの方です。

よく読むと怪しい箇所がいくつかありますけど、なんだろうか、フォントがしっかりしているからかもしれないですけど安心感あります。

これが明朝体でコピーされたような荒い印刷だと怪しさMAXで味があるんですよね(悪い意味で)。

使ってみました

というわけで、使ってみました。

何しろ、私の今回の目標はデスクライトを買うことではなくて、勉強することなのですから。

 

まずは机に置いてみます。

(机がゴチャゴチャしているのは目をつぶっていただく必要があります。)

f:id:prinkuma:20171008104942j:plain

 

で、こちらが使用前。

f:id:prinkuma:20171008104947j:plain

主に本の左下に暗い影を落としています。私の将来を暗示しているかのようだ。

 

続きましてライトオン。

f:id:prinkuma:20171008104951j:plain

今回は一番弱い光にしましたけど、これで十分。

読みやすくなりました。未来への明るい光が差し込んできたかのようです。

 

もっと試してみましょう。

部屋が真っ暗な状態ではどうか。

f:id:prinkuma:20171008104954j:plain

私のスマホでは暗くなってノイズしか映らないような状況。

ここからライトをつけてみましょう。

 

 

f:id:prinkuma:20171008104959j:plain

お、やべぇ。

勉強しているふりしてこち亀読んでいるのがバレた。

まとめ

というわけで、お値段安かったですけど満足できるデスクライトでした。

あまりに機能にこだわらないなら十分だと思います。

……というわけで、長々とこれを書いているうちに試験が近づいてきてしまったという弊害も多少あるかもしれませんが、暗さを気にせず勉強できるので買ってよかったと思いました。

おわり。

 

模索する俺たち
プライバシーポリシー / Amazon.co.jpアソシエイト