模索する俺たち

日々の生活をいい感じにしたいだの、楽にしたいだの、お得にしたいだの、そんなことを考えています。

メニューに迷ったときのカレーライスの優位性について

食堂にて

先日、昼ご飯を食べにいきました。

まだ入ったことのない食堂です。

恐る恐る席についてみると、そこは和洋中のメニューがいろいろとあるようなお店でした。私は迷ってしまったんですけど、結果的にカレーライスを頼みました。

で、そのカレーを食べながらこのカレーライスを頼んだ行為について考えていました。

迷ったらとりあえずカレーを選べばいいんじゃない?

カレーライスっていうのは、特に専門店や高級店でない限りは、カレーを食べた後に後悔することは少ないような気がします。

量が極端に少ないケース、あまりにも特徴的なカレーで自分に合わなかったというケースもあるかもしれませんが、いわゆる食堂的なお店だとまず満足できるカレーをいただくことができるでしょう。

そういうこともあって、私はメニュー選択に迷ったらだいたいカレーを注文するわけですが、やっぱりこの選択はなかなか良かったぞ!と思いながら食べていたわけです。

メリットいろいろ

カレーライスを選択することにはメリットもいろいろあるのではないでしょうか。

思いついたのは、

  • メニューの中では安価なことが多い。
  • 提供までのスピードが速いことが多い。
    ※一見、日替わりランチが早く来そうな気がするけど、お店によっては妙に遅い。
  • カレーが液状なので食べる速度も速い。
    ※本当はゆっくりよく噛んで食べるべきである。

というわけで、「早い、安い、うまい」の3拍子が揃っているんじゃないだろうか。

カレースゲー!

 

あ、でも、なお、考えてみるとラーメン(トッピングなし、ノーマルなやつ)もこれらと相当条件が類似しているなぁ。

ラーメンに関しては、ちょっと熱いというポイントがあるので少し食べるのに時間がかかりそうだけど、寒い日だとかその日の気候によってはラーメンもいいなぁ。

いや、寒い日にカレーであったまってもいいか。とりあえずラーメンを候補第2位としよう。

デメリットは?

人間、良いところばかり見ようとする癖があるので、きちんとデメリットも探さなければなりません。

カレーを食すにあたって問題となりそうなことで私が思いついたのは2つ。

  • 衣服に付くと致命的である。
  • 特定の人とよく食事をする場合、いつもカレーを選んでいると何かしらのツッコミが入る恐れがある。
    ※カレー好きとして定着する恐れがある。

まとめ

というわけで、このあたりでカレーを食べ終えたわけですけど、やっぱカレーライスはうまい。

迷ったらカレー、もしラーメンの方が食べたければラーメンを選んで生きていきたいと思います。

 

いろいろ考えた割になんでもない結論で終わった。

ちなみに、先日、「シチューオンライス」について書きましたけど、それはこの日の夜のことでした。昼夜続けて似たような雰囲気のを食べました。 

prinkuma.hateblo.jp

 

というわけで、特にオチも何もないんですけど、そういう感じの過ごしやすい気温になってきた季節の昼下がりでした。

おわり。

ハウス カレーホット 270g

ハウス カレーホット 270g

 

 

模索する俺たち
プライバシーポリシー / Amazon.co.jpアソシエイト