読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

模索する俺たち

日々の生活をいい感じにしたいだの、楽にしたいだの、お得にしたいだの、そんなことを考えてます。

洗濯物の室内干し用にパイプハンガーを購入してみた件

その場しのぎからの脱却

私は洗濯物は基本的に室内に干しています。

というのは、洗濯物を持って外(ベランダ、かっこよく言うとバルコニー)まで干しに行くのが面倒だというのと、幸いにも室内の湿度が高くなくてむしろ低めで、洗濯物がよく乾いちゃうからです。

ただ、いまいち干す場所がイケていなくて、ハンガーを引っかける場所がないので、カーテンレールにかけてみたり、ドアを解放した状態でドアの上のちょっと出っ張ったりしている部分にかけていました。

そうすると、カーテンやドアの開閉に支障があることはもちろん、近くを通過しようとしてぶつかって落としてしまうこともしばしば。

そんな日々でしたけど、よりよい生活をもとめて改善に立ち上がったのであります。*1

探してみたらわりとあった

で、適当に検索してみたらわりといろいろありましたけど、物干しカテゴリの中で安くて機能的にもよさそうだったのがこちら。

2本のパイプに干すことができるし、使わないときは折り畳んでおくこともできるし、なんつっても安い。

安いってのはとても大事なことである。

もっと安いのがほしい

しかしながら、さらなるコストカットを狙いたかったので他にもいろいろ見てみたところ、これでもいいんじゃね?というのがありました。

こちらはなかなかのシンプルな構造で、折り畳んだりできるものではないけど、それなりにシンプル。

服を掛けておくのがメインのようですけど、これでもかけられるし、さっきのよりお値段もお手頃なのでこちらの購入を決定しました。

使ってみる

それで、家に届いたので早速組み立て。

届いた箱は予想を遙かに越えるコンパクトさでした。

組立にはプラスドライバーとハンマーみたいなのが必要とありましたけど、プラスドライバーだけでなんとかいけました。棒を他のパーツに押し込むときにハンマー的なのをお使いくださいということでしたけど、えぐり込むようにねじりながら押し込んだらいけました。

プラスドライバーもネジ2本を軽くとめるくらいだし、私がここ最近組み立てた家具の中では相当簡単な感じでした。

 

で、組み立ての話が長くなりましたけど、組み立てたらあとは干すだけで、当たり前ですけど干したら乾いた。

使ってわかった注意事項としては、靴下とかを干す洗濯バサミがいっぱいついたやつはスペースを使うということです。

f:id:prinkuma:20170205195526j:plain

無理やり外側につけちゃう?

f:id:prinkuma:20170205195604j:plain

というわけで、大量に洗濯すると干す場所がちょっと不足するかもしれないので、他に干す場所があれば別ですけど、いつも大量に洗濯するような場合であれば、前述の物干しを選んだ方が良さそうです。

まとめ

というわけで、洗濯物をなんというか、まじめに干すようにしましたけど、部屋の見栄えがよくなったと思います。

カーテンレールなどにずらーっと干すよりコンパクトに干せるし、なんか部屋のレベルが上がった感じで気持ち良いです。

おわり。

ダイヤ 干し分けハンガー ストロング40ピンチ付

ダイヤ 干し分けハンガー ストロング40ピンチ付

 

 

*1:そんな大それた話ではない。

Amazon.co.jpアソシエイト