模索する俺たち

日々の生活をいい感じにしたいだの、楽にしたいだの、お得にしたいだの、そんなことを考えてます。

ボックスタイプのギフト券でAmazonの出費が目に見えた件

最近はもっぱらボックスタイプ

先日もちょっと書いたのですけど、Amazonギフト券にはいろいろありまして、その中でも個人的にはAmazonの段ボール箱の形のケースに入ったギフト券が好きです。

prinkuma.hateblo.jp

この箱がほしくて、最近の買い物はこのギフト券を購入しておいて、自分のアカウントにチャージしておいた状態で買い物をしています。

なお、箱の用途についてはいまだに模索中ですけど、ときどき飴なんかを入れてみたりしています。

小物の整理にはちょっと使えそうなんですよね。

気が付くと、箱が溜まっていた

で、あるとき、結構箱が増えてきたなぁと思って箱を集めてみたんですけど、思っていたより数が多い。

f:id:prinkuma:20170129220507j:plain

このボックスタイプのギフト券は、5000円の券が一番低額なので、毎回5000円ずつ購入していたんですけど、その5000円の箱がこれだけ……。

これ、結構インパクトありますね。

数字で30,000円とか見るのに比べて、また、使ったギフト券のカードを見るのに比べて、買い物済みの金額が箱という形で立体的に目の前に存在するというのはおもしろいところであります。

その一方でやべぇ、買いすぎか……というような驚き(ダメージ)もある。可視化っていうのはこういうことをいうのか。

まとめ

そんなわけでボックスタイプのギフト券の新たな見方がありました、という話題でした。

Amazonでギフト券をわざわざ使う理由として、毎月いくら、っていう感じで月初にあらかじめギフト券をチャージしておいて出費を管理するような使い方があるかなと思っていましたけど、単純に使った額が見ることで反省するという使い方もあるなと思いました。

それはさておき、このAmazonボックスタイプは面白いので贈り物などする機会にも良いのではないかと思います。

少なくとも私はほしいので、機会がありましたらどうぞよろしくお願いいたします。

おわり。

 

Amazon.co.jpアソシエイト