読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

模索する俺たち

日々の生活をいい感じにしたいだの、楽にしたいだの、お得にしたいだの、そんなことを考えてます。

レコーディングダイエットで10kg軽くなったときの話(4)

※前回(3)からの続きです。他の回は以下からお願いします。

prinkuma.hateblo.jp

 

実践(目標値の設定)

というわけで、一般的に1日に必要なカロリーをどうやら上回って食べているぞ、ということがわかったので、1日に摂取する上限を決めることにしました。

私の場合、平均的なカロリーより少なくすれば痩せるのかな?という適当な考えで、1日のカロリー上限を1500kcalにしてみました。

今考えると少なすぎたような気がしますけど、やっちまったものはしょうがないです。

しかし、あまり少ない設定をするのは健康面で危険だと思います。

エネルギー少ないと、体動かすの大変だし、頭も回らなくなると思うのでせいぜい、摂取しすぎている場合に限り、平均的なカロリーに抑えるというのが安全ではないでしょうか。

 

その平均的なカロリーがいくらなのかよくわからないし、あと体格などによっても変わってくるので、目標値の設定は難しいところあります。

本当は黙っていても消費するカロリーである「基礎代謝」とかも考えたりするべきなのかもしれませんし、特にバリバリ成長期の人なんかはダイエットにはやっぱり注意しないといけないかなと思います。

 

摂取カロリーの上限は、現状より少し下げるくらいにしてみて、大丈夫だったらまた下げるというのが良いかもしれませんね。

 

一番かんたんキレイにやせる!カロリー事典

一番かんたんキレイにやせる!カロリー事典

 

実践(日々の過ごし方)

目標を決めて、やるぞ!となったらあとはどうすればよいか。

やることは大きく言うと2つだけで、1日の食事を決めた上限値以内に抑えることと、毎日体重を量ることです。

 

摂取カロリーの上限値については、朝と昼で目標を超えてしまったら夕食が食べられなくなるので、夕食が食べられるように余地を残して朝と昼を過ごす必要があります。

上限値を3で割れば、3食それぞれでの目安になるので、なるべくそれに抑えるようにしてみました。

 

そして、1日の最後となる夕食ですけど、私は何時であろうと上限値に達していなければ、上限値まで何食べてもいいルールにしました。

極端な話、もし1000kcal残っていれば、寝る前であろうとも1000kcalまでがっつり食べるというスタイルです。

寝る前に食べちゃいけない、ってよく聞くので、やっぱり今考えるとよろしくないような気がしますね。


※次回(5)に続きます。

 

1000kcal 30日レシピ (エイムック 2544)

1000kcal 30日レシピ (エイムック 2544)

 

 

Amazon.co.jpアソシエイト