読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

模索する俺たち

日々の生活をいい感じにしたいだの、楽にしたいだの、お得にしたいだの、そんなことを考えてます。

エアコンを購入した件

雑記 引っ越し

引っ越し先にエアコンがない

今回の引っ越し先にはエアコンがないんです。

でもエアコンないとしんどいこと山のごとしなので購入することにしました。

そもそもエアコンの相場っていくらぐらいなのか

私、エアコン買うことなど初めてなので、やっぱり適正価格とかもわかりません。
調べてみたら、まずは何畳用なのかで値段が大きく変わっていました。

今回は6畳用で十分なので、それで探してみました。 

ネットや店頭でいろいろ見てみると、4~6万円くらいかなという感じです。
自動でフィルタを掃除する機能とかが付くとお値段がかかる感じですが、冷えりゃあいいので、そういうのなしで探します。

それと新しいモデルであることに越したことはないですけど、1~2年前のモデルでもやっぱり冷えればいいので、価格優先で探しました。

あと、注意すべきは工事費ですね。

工事費は一般的な工事として「標準取り付け工事費」みたいなのがありますが、これはだいたい1万円くらいが相場っぽいです。

店によって値段にバラつきがあった

相場としては、以上のような感じかなと思ったのですが、どうも店によって違いがありました。

今回のエアコン探しではヨドバシカメラの値段が不思議でした。たいていの物は安く売っているのでよくお世話になっているんですけど、エアコンに関しては6畳用がだいたい10万円前後からという感じで、ほかのお店の2倍近くしていました。

同じ製品というわけではないので、ヨドバシカメラには最新型のクオリティの高いものが売られていたのかなと思います。

今回はヤマダで在庫処分とかでお安いのがあったのでそれにしました。

エアコン買うときには部屋の写真をもっていこう

で、今回成功したのはあらかじめ部屋の写真をスマホで撮っていったことかなと思います。
設置場所の状況はどうかということを店の人に見てもらうことができます。

役に立った写真は3枚です。

  1. エアコン設置予定場所の壁(室内)の写真。(床から天井まで見える感じ)
    →壁に穴を開ける必要があるのか、すでにある穴でOKか見てもらいました。
  2. 室外機設置予定場所の壁(室外)の写真。
    →室外機を置ける場所の確認。壁の色の確認。(配線のカバーの色を決める必要があった)
  3. エアコン用コンセントの形の写真
    →エアコンのコンセントは「||」の形でなかったりするので、コンセントの形にも気を付けないといけないため。

コンセントの形わかりますか?というときにサッと写真みせるだけなので、手続きがスムーズに進みました。

どうせ買うなら早めに動こう

まだ5月ですけど、やっぱり夏になると取り付け工事が混雑してしまって、夏が終わってからの設置になるケースもあるとか店員さんが言っていたので、決断するなら今のうちがよさそうです。

ちなみに私が今回買ったものも在庫がなくて1か月待ちになったので、早めに動いてよかったなと感じました。(在庫処分品で安かったのにすでに在庫がなくて取り寄せというのは想定外でしたが)

おわり。 

「汚れ予防」のコツと裏ワザ (青春新書プレイブックス)

「汚れ予防」のコツと裏ワザ (青春新書プレイブックス)

 
Amazon.co.jpアソシエイト