読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

模索する俺たち

日々の生活をいい感じにしたいだの、楽にしたいだの、お得にしたいだの、そんなことを考えてます。

引っ越しの見積もりをしてもらった件

初めての大型な引っ越し

というわけで、引っ越しです。

引っ越しらしい引っ越しは過去1回だけやっているんですけど、当時は荷物があまりなかったので運送会社の単身パック的なもので、ネットから荷物を書き込んで見積もってもらうタイプでした。

今回はなんかいろいろ物があるので本職の?引っ越し屋さんに来てもらうタイプでの見積もりを頼むことにしました。

相見積サービスを使った

今回、引っ越し先の不動産屋さんから相見積のサービスに申し込めるということで、そこで頼んでみました。いくつか見積もってもらって安いところにしよう、ってやつですね。

なんか複数社から見積もりを頼みたいところを選べるよ、ってことでしたがまずどう選んだらいいのか。社名だけ見てもわからんですね。

なので、適当に2社ピックアップ。

依頼した業者から電話が来るということで、いつなら電話に出られるか指定できましたが、その時点で夕方。
翌日の日中は用事があって電話に出にくいので、電話は翌日の17時以降ということでお願いしました。

すごい勢いで電話がくる

1社目:当日の夜
2社目:翌日の朝

す、すげぇ……。引っ越し屋さんは時空を超える。

見積もり当日

なんだかんだで見積もり当日になりました。……実はこれも申し込みの翌日です。

すぐ電話くるし、すぐ家にくる。引っ越し業界は勢いあるなぁ。
最終的に見積もりは1社だけにしました。もう1社はうちみたいなタイプの引っ越しにはちょっと高いタイプだったみたいで。

他にも近距離に強いとか遠距離に強いとか、引っ越し業者にもいろいろあるみたいでした。(引っ越し屋さん談)

まずは見てもらう

で、当日ですが、スーツ着た営業の人がきました。

部屋の中や収納の中を見て回ります。

っていうか、初対面の人を家に上げて家の中を隅々まで見られるってのは初めての体験ですね

いろいろ見られても動じない強い心を持とう。

なんか計算してもらう

見た後は、計算タイムです。
「少し場所をください」ということで、座ってもらってなんかタブレット端末とかに入力しながら計算されていました。

……と、ここで突然の質問

「おいくらくらいがご希望ですか?」

?!

 

いや、安い方がいいんですけど、いくらって言えばいいのか。
安く言い過ぎると笑われるのでは、一方、高く言い過ぎるとその値段で行ってしまうのではないか…!

 

この日一番の緊張でしたが、ちょうど最近引っ越しした知人から5万円くらいかかったと聞いたところだったので、

「知り合いが最近5万くらいだったと聞いたので…、それくらいだったらうれしいなって……」

 

「……では、これでどうでしょう」

(電卓ドンッ!)

3万円台

「よろしくお願いします」

見積もり終了

というわけで、思っていたより安かったので即決です。

6~10万円くらい見込んでいたのでびっくりしました。

時間は全部で30分でした。

まとめ

っていうか、正直見積もってもらったところでそれが安いのか高いのかわかりませんね。

荷物量にも距離にも影響されるでしょうし、その日の混雑具合にもよるかもしれません。

 

ただ、金額がはっきりするのはいいですね。

というわけで、引っ越しは1~2社で見積もり取ってもらうといいかなと思いました。多いと疲れそうです。

おわり。 

川上産業 包装緩衝材 プチプチ d36 巾300mm×全長10m

川上産業 包装緩衝材 プチプチ d36 巾300mm×全長10m

 
Amazon.co.jpアソシエイト